敏感肌にやさしい日焼け止めとは?

敏感肌の人は紫外線による影響をより心配しなければなりませんが、日焼け止め自体が刺激になる恐れもありますので、商品選びは慎重にする必要があります

 

 

まずSPF値やPA値ですが、普段街中を歩くだけなら、それほど大きな数値のものでなくても大丈夫です。
大きな数値のものは、やはり肌への負担が大きくなります。
それよりも、規定時間がきたら定期的に塗り直すことの方が重要であり、汗で流れてしまった時にも塗っておきます。

 

⇒塗り直しの必要がない日焼け止めとは?

 

肌に刺激となる成分に、香料や着色料、パラベン等があります。
これらが含まれていないものが安心であり、天然成分の配合されている商品が敏感肌には望ましいとされています。

 

 

注意したい成分として紫外線吸収剤がありますが、これは多くの日焼け止めに利用されているものです。
しかし、紫外線吸収剤の入っている商品は肌への負担が大きく、普段使いにすることは危険ですので、敏感肌の人は避けた方が無難です。

 

 

他に刺激となる成分にアルコールがあります。
アルコールは日焼け止めだけでなく多くの化粧品に含まれているものであり、一般的な成分と言えます。
しかし、敏感肌でなくても体質的に合わない人もいるというほどリスクの高い成分であることも事実ですので、なるべく含まれていない商品を探すようにします。

 

 

紫外線をカットしてくれる機能の他に、美容成分まで含まれていることがあります。
敏感肌の人はちょっとしたことで肌中の潤いが失われてしまいますので、こまめに美容成分を取り入れることは効果的です。
化粧下地として日焼け止めを使うことが一般的であり、メイクをしない時にはつけないことも多いのですが、紫外線を浴びる可能性があるのならメイクをしない時でも利用すべきです。