ノンケミカルの日焼け止めって何?

紫外線が気になる季節になると必要不可欠なのが日焼け止めです。
日焼け止めと言っても今の時代は、いわゆるプチプラの商品から美容成分が
配合されているちょっとお高めな商品までラインナップは様々です。

 

そんな日焼け止めの商品の中で最近良く聞かれるのがノンケミカルと言う言葉。
なんとなくノンケミカルという言葉だけを聞くとオーガニックのように肌に良さそうなイメージがしてきますよね。

 

そしてその言葉通りに化学成分が一切入っていない日焼け止め・・・のような気がしますが、実際には違います

 

日焼け止めでいうノンケミカルというのはそういう意味ではなく化学的性質によって
紫外線を防御する紫外線吸収剤が入っていないということです。

 

つまり、簡単に言ってしまえば紫外線吸収剤が入っていないという意味です。
なんでこの紫外線吸収剤が入っていないほうが良いとなっているかというと、
紫外線吸収剤というのは文字通り、紫外線を吸収し、化学的にそれをエネルギーに
変えて放出することによって紫外線が肌の内部に侵入することを防ぐという仕組みです。

 

その際に肌に負担がかかってしまうというのがデメリットとなっていました。
なので、この紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルな日焼け止めは
肌への負担が少ない=肌に優しいと言われているんですね。

 

最近では肌への負担が少ない紫外線吸収剤というものもあるみたいですが・・・。

 

ノンケミカルの日焼け止めというのは落としやすいという性質もあるので
そういった部分でも肌に優しいと言われているんですね。

 

ではノンケミカルの日焼け止めが何もかもいいかというとそういったことでもなくて、
紫外線吸収剤を含む日焼け止めよりも紫外線防止効果が弱かったり、塗った時に
肌が乾燥しやすく、白浮きもしやすいというデメリットもあります。

 

ですので、なんとなくノンケミカルという言葉だけで良さそうだなと思わずに、
しっかりとメリットとデメリット、自分に合うか合わないかという点も考えて
日焼け止めを購入する際は選ぶことをオススメします。