どんな日焼け止めも塗り直しが必要

日焼け止めって全身に塗るのは結構面倒ですよね。
なので一度塗ったらそのまま一日中押し通したいという気持ちはわかりますが、
紫外線をしっかりブロックするためにはそれだとNGなんです。

 

 

というのもどんなにSPFやPAの値が高い日焼け止めを使っていても
汗や皮脂などが分泌されることで日焼け止め自体が落ちてしまうからです。

 

 

そうなるとどうしても日焼け止めの効果が落ちてしまうんですね。
なので何度も塗り直すことで日焼け止めの効果を持続させるというわけです。

 

 

大体日焼け止めの効果の持続時間は2時間から3時間と言われています。
日焼け止めを塗り直す時は、顔の場合そのまま上から塗り直す場合とメイクまで
落として塗り直す場合がありますが、これはより紫外線の強い屋外に
いるかいないかによって塗り直し方を変えるといいでしょう。

 

 

体の場合はメイクを落とす必要がないので手間がかからない分、
着ている服の摩擦などによって日焼け止めが落ちやすい状況にあるので
小まめに塗り直しをする必要があると言えます。

 

 

塗り直しをする際は汗や皮脂などをしっかりと拭き取るためにタオルなどを
使って一度拭いてから日焼け止めを塗り直すといいでしょう。

 

 

ウォータープルーフの日焼け止めを使っていればある程度は水分に強いのですが、
それでも完全ではないので1日に1回から2回は塗り直すことをオススメします。

 

 

ノンケミカルの日焼け止めはそうでない日焼け止めに比べて落ちやすい性質があるので
より頻繁に塗り直さなければいけません。

 

 

1日の中で最も紫外線の量が多い時間帯は10時から13時と言われているので
この時間帯を迎える時には日焼け止めがしっかり効果を発揮しているようにしたいですね。